夏のショアジギング

能登ロックショア釣行記
スポンサーリンク

7/16 能登外浦 4:00~8:00

本日の海況。ほぼ無風で、昨日発生したウネリが残っている状況。能登半島では夏でもフクラギ、ガンドが釣れる。釣友T氏からコンスタントにガンド、フクラギが釣れていると連絡あり。最近の暑さが気になるがフクラギの刺し身が食べたくなってきたし、しばらく青物釣りをしていないこともあって、釣行を決意する。

本日は潮が流れてなく、魚っけが感じられない中、なんとか1尾ゲット。釣り場まで氷をたっぷり入れた重たいクーラーボックスを担いで30分歩いてきた甲斐があった。釣れた魚は即、脳じめ、神経締め、血抜きをしてクーラーで冷却。家に帰って食べると抜群に旨かった。しかもこのサイズなのになぜか脂がすごく乗っていた。

場所を替えて10:00~15:00頃までロックフィッシュゲーム。25cm程の良型カサゴ、キジハタ、コヅクラを釣って楽しんだ。特にキジハタは群れが入っていて計10匹程キャッチした。夏の海を感じた気持ちの良い釣行だった。

夏の海を満喫。沢山の小魚が見えた。
25cmカサゴ

今回フクラギが釣れたジグ。昔からこの製品は使用しているが安定した釣果がある。
水深にもよるが65~80gがオススメ。あと、私が愛用している神経締めセットも下に紹介します。魚好きの方は、釣った魚を神経締めすることで格段に美味しくなることを体験してほしい。

created by Rinker
¥1,144 (2024/05/21 21:43:36時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント