ノンストップリーリングの独壇場

能登ロックショア釣行記
スポンサーリンク

11月中旬。最近オープンしたクスリのアオキは良いスーパーだ。地元の魚介類や食材が置いてあり、その他の品揃えも良くお気に入りになって良く利用している。ただ、欲を言えば惣菜への保存料や添加物を無くしてほしい。これらが入っているほうが食品の見た目が良くなり、腐りにくく安定するのはわかるが、それと引き換えに味が落ちるように感じる。

本日は久しぶりに昔ヒラスズキ遠征を共にした友人Iと釣行。本人曰く、青物はプラグで釣ったことないし、釣れる気がしない。いやいやそんなことはないと行って、誘った。

ところが、本日は凪の日がしばらく続いている状況で条件はあまり良くない。しかし、今年は好調なのでなんとかなるだろう。

早朝から開始するが、魚からの反応がなく時間が流れていく。今日はダメな日かなと思いながらやっていると、友人がフクラギをキャッチ。そして立て続けにバタバタと釣っていき、すぐに5本キャッチ。その後も何度もバイトがあり、足元まで追ってくる姿がみえるほど。ヒットルアーは全てダイペンで別注ヒラマサのヒット率が高かった。私の方はプラグではノーバイトでジグでなんとかフクラギとコマサをキャッチ。同じ場所でやっているのにプラグでは友人にしかバイトが出ない。なぜだろうかと友人のやり方を観察していると竿先を海面すれすれのところまで下ろして手を伸ばしてリーリングし、時折トゥイッチし、またすぐに手をのばしてリーリングをし続ける。基本的にリーリングを連続的に行い、たまに竿先をシャクってトゥイッチのようにダイペンの挙動を変えてを繰り返して、ダイペンを常に水中で泳がせているイメージ。ノンストップジャークに近い感じか。そしてほとんどのバイトが磯際のルアーが浮上するタイミングで起こる。

最近感じることは、スレた魚の場合、ダイペンの直立姿勢やポーズはあまり良くないことだ。そんなときはシンペンやミノーで水中から水面に向かって泳がすと良かったり、レガートやダイペンのノンストップリーリング、ジャークが良かったりする。

今回釣れたルアー↓

シマノ(SHIMANO) ルアー ソルトプラグ オシア 別注平政 160F フラッシュブースト XU-B16U Fマイワシ 001 オフショア キャスティング 青物 ヒラマサ ブリ ダイビングペンシル
created by Rinker
¥1,232 (2024/05/21 13:40:07時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント