最高のキス釣り日和

その他釣り記録
スポンサーリンク

7/5  内灘サーフ 5:30~10:00

昨日までは暑い日が続いていたが、本日は少し気温が下がり、また曇っていて日差しも和らいでいる。風もほとんどなく、海面もベタ凪。これ以上ないキス日和だ。キス釣りは昔から毎夏数回はやっており、この釣りの魅力は開放感のあるサーフで仕掛けを投げる爽快感と小気味いいキスの引き、さらに食べても美味しいところだ。夏のサーフは気持ちが晴れ晴れとするし、日頃のネガティブ思考が飛んでいくので精神にも良さそう。

5時頃に釣りを始める。まずは、初めて使うパワーイソメという偽物の餌と砂イソメを6本針に交互につける。軽く投げた一投目、着水後、糸ふけを取るといきなり明確なアタリ。かかった魚が暴れて仕掛けがからんだり、かかった魚が別の餌を食わないよう早めにリーリングし、他の魚の追い食いを狙う。上げてみると6本針にパーフェクト。6匹のキスをゲット。サイズも15~18cmとなかなか良い。パワーイソメにもしっかりとかかっている。同じ場所で釣りを続けたが、投げて着水後に即当たりがあるので、漁のような感じになる。

終わってみて数を確認すると計126匹。二人で400円の餌を分け合っての結果。距離はちょい投げから150mほどのところまで万遍なくいて、海の中はキスだらけだったと思われる。これではフィッシュイーターも食べ放題だからルアー釣りは厳しそうか。キス釣りで意識していることは仕掛けが水の中で自然に漂うことだ。針が重かったり、ハリスが太かったりモトスが短かったりすると途端に釣れなくなる。モトスは細くし(1号)長く(100〜130cm)とるのが釣果の秘訣。市販の仕掛けを選ぶ際はモトスの長さに注意したい。天秤もL型を使って仕掛けが海底を引きづらないようにする。仕掛けが沈むと途端にキスの食いが悪くなる。先端の針につける餌だけは少し大きく、太いものを選んで、長い仕掛けを安定させる。また、よく動く活きのいい餌を先端に付けることで、これにキスが食いつくと、暴れてこれにつられて他の餌もよく動くようにみえて、追い食いを誘う効果もあるように思う。今回、パワーイソメも本物の餌、どちらもそれほど、釣果に差がなかった。これもキスの活性が高かったからだろうか。
最後に私がいつも使用している仕掛けを紹介します。

スポンサーリンク

がまかつ キススペシャル 50本仕掛 

これは50本針に糸がついた状態でのセットとなっており、1本~10本針のように好きな針数で使用できます。針にはハリス(枝糸)が付いており、それぞれのハリスはモトス(幹糸)に接続されていますので、任意の針数のところでハサミで切って、あとはこれに80~1m程の糸をつなげて、スナップを介して重り付きのテンビンに接続すれば仕掛けの完成です。今回使用したサイズは6号、これがオススメです。

フジワラ サーフ天秤 ウッドシンカー用 

キスのあたりが明確にわかる感度のいいウッドシンカー用のテンビン。これを一度使うと他のテンビンは出番がなくなるくらいに釣りが楽しくなるアイテムです。これと下のウッドシンカーを組み合わせて使用します。

フジワラ サーフ天秤 オールマイティー用【仕掛 テンビン 投用天秤 遠投 キャスティング 】
【メール便対応】 マルキュー パワーイソメ (中) M 青イソメ ワーム

 

フジワラ ウッドシンカー

created by Rinker
¥1,056 (2024/05/21 21:05:26時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント